概要
芦屋メンタルサポートセンターとは、 こころの健康と、精神保健福祉に対する理解を広め、誰もが安心して暮らせる地域づくりを目指しています。 また、悩みや問題を共に考え、解決する場、仲間たちとの出会いの場、くつろげる場、自己表現活動の場の提供を基本とし、社会復帰への第一歩となる活動を目指しています。※「しょうがい」の表記ですが『障害』の『害』には「災害」「害悪」などマイナスのイメージがあるので、私たちは本来の「さまたげ」の意味をもつ『障碍(しょうがい)』と表記しています。

※ただし、法律用語等に関しては「害」の表記を使用しています。
沿革
1995年
 
保健所の指導で家族会結成
 
 
小規模作業所「はまゆう」設置
2001年
 
利用者増に伴い第2作業所「ライラック』設置
2001年
4月
(精神保健福祉業務が県より市へ移管される)
2004年
4月
芦屋家族会評議会スタート
 
 
新型センターを企画・立案
 
6月
芦屋市議会にセンター用地の借用を請願
 
 
全会一致で採択
2005年
1月
芦屋市障がい福祉中期計画にセンター機能の必要性を記載
 
4月
NPO法人の認証取得(芦屋メンタルサポートセンター)
 
5月
センター完工
2006年
4月
障害者自立支援法施行
 
 
相談支援事業・普及啓発事業開始
 
10月
法定の施設へ…
 
 
地域活動支援センターI型「はまゆう」設置
2010年
7月
芦屋市呉川町14-9 芦屋市保健福祉センター4階に移転
 
8月
就労継続支援B型「ライラック」設置
2012年
4月
社会福祉法人認証取得
2013年
10月
就労継続支援B型 従たる作業所「しーど」設置
 
 
若者相談センター「アサガオ」設置
2017年
1月
芦屋市浜町の未利用国有地取得
 
9月
浜町『芦屋MSC』 開所
 
10月
「ライラック」「しーど」「相談支援事業所」『芦屋MSC』に移転
2019年
5月
共同生活援助事業所(グループホーム)「ぷらんつ」設置